MENUCLOSE
検討リスト 閲覧履歴
03-6453-6681 10:30〜16:30 ( 土 / 日 / 祝 休業 ) メールマガジン登録 資料請求・お問い合わせ
COMPANY

会社案内

ホーム - 会社案内

クルーズバケーションとは

1992年設立以来、まだクルーズそのものが新しい旅行素材として認知されていない時代から外国客船の多彩なクルーズ商品を日本市場に紹介するクルーズ専門会社として活動してまいりました。長年の経験と実績を生かし、クルーズに精通したクルーズ・マスター資格保有者を中心に、

高品質で安心して参加できる魅力的なクルーズを紹介しています。世界で活躍する様々な客船会社はもとより、

身近な日本客船のクルーズ商品を紹介し、日本のクルーズ市場拡大のための啓蒙活動、イベント企画を等を行っています。

MESSAGE 会長あいさつ

クルーズの魅力を広め、誰でも身近にクルーズ体験が楽しめるように
1992年にクルーズバケーションを創業して以来、30年近くの年月が経ちました。クルーズは高額、船酔いが心配、長期の休暇が取れない、服装が大変、外国客船は言葉がわからない等とクルーズには間違ったイメージが長い間あり、中々その良さを理解していもらえませんでした。クルーズの先進国アメリカでも同様なイメージがあり、今日のようなレジャークルーズが盛んになったのも70年代以降です。勤務していた海外旅行の会社が早くからクルーズ旅行を販売していて添乗員として地中海やエーゲ海クルーズに参加する機会があり、お客様と一緒にクルーズの楽しさを知ることになりました。クルーズ旅行ほどお客様が楽しみ、又参加したいと言ってこられる旅行はありません。 長年プリンセス・クルーズの日本地区販売代理店をしていた関係で2011年からカーニバル・ジャパンの代表取締役に就任。2013年にプリンセス・クルーズが外国客船として初めて長期間にわたって日本発着クルーズの運航を開始してから、日本のクルーズ市場は大きく変化しました。プリンセス・クルーズの日本発着クルーズ就航に寄与できたことは私にとって大きな喜びでした。

クルーズは寝ている間に移動し、ホテル、3食以上の食事、劇場やラウンジでのエンターテイメント、プールやスパ、医務室までも揃ったトータルバケーションと呼ばれています。これらを含んだクルーズ代金も事前支払いで船内では原則キャッシュレス。寝ている間に新しい港に移動するので荷物の持ち運びもなく、楽で安心な旅行なのです。私がクルーズ販売に長く携わってきたのは、クルーズ旅行に参加されたお客様が本当にクルーズを楽しまれ、喜んでくださったからです。クルーズはシニア層の旅行と思われれいる方も多くいらっしゃいますが、実は、お子様と一緒の家族旅行、ハネムーン旅行、一人旅を好まれる方にも、仕事で多忙な方にも十分満足していただける気軽な旅行なのです。輝く太陽、青い空、青い海を眺めながら爽やかな海風を浴びて心身共にリラックスしてはいかがですか。
会長木島 榮子
木島 榮子の書籍紹介
業界誌、日本海事新聞に半年間掲載されたクルーズを中心とした旅行業界50年の歴史。クルーズがまだ認知されていない時代からプリンセス・クルーズの日本発着クルーズが誕生するまでの日本のクルーズ市場拡大に尽力した著者の半世紀。

TOP MESSAGE 代表あいさつ

クルーズの新時代を駆け上がる『感動創造法人』であり続ける。
この度はクルーズバケーションをご訪問頂き、誠にありがとうございます。
2021年1月より、動乱と変革のクルーズ市場に臨むにあたり社会と私たちを繋ぐ事業ドメインを再定義しました。

私たちが掲げる理念の実現は、「生きる喜びと豊かで楽しい未来」を生み出し、関わる全ての人々の「笑顔と感動」を創出するものであると信じています。
創業者の木島より、この大切な使命のバトンを託された私ですが、以前は10年にわたり、東京湾での1Dayクルージングを通じて「忘れられない記念日の創造提供」という理念を日々届けて参りました。

他方、船旅の場合は日本中世界中で長期にわたりお客さまと接点が持てます。
より多くの感動を創出できる機会を得た喜びとともに、重責を日々感じているのも事実です。
その重責を自身と当社の成長に必要な糧と捉え、未来に何を残したいのか、そのために今何ができるのか、1歩1歩考えながら着実に歩を進めて参りたいと思います。

船旅の常識を、時代に合わせてアップデートすることで変化し続け、社会への役割を果たして参ります。

もっと身近に、クルーズ(船旅)をバケーション(休暇)に選べる世界を・・・。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
代表取締役社長CEO山田 康平
VISION
クルーズを通じて
『生きる喜びの再発見』と
『新しいクルーズ・バケーションの創造』
MISSION&理念
グローバルな視野に立って
魅力ある国内外のクルーズ商品を
日本市場に紹介し
日本のクルーズ市場の
発展と拡大に貢献する。
VALUE(大切にしたい価値観)
健康で働く喜びを生む職場の
提供とグローバルな視野に立って
新しい魅力あるクルーズ・バケーションを
提供し社会に貢献する。
社訓
お客様の喜びは社員の喜び
コーポレートスローガン
あなたに感動の船旅を
社名の由来
クルーズ(船旅)を楽しむ
新しいバケーション(休暇)の提供

CORPORATE PROFILE 会社概要

名称 株式会社クルーズバケーション
設立 1992年3月
資本金 3,500万円
旅行業登録 観光庁長官登録旅行業
第一種2010号
日本旅行業協会(JATA)会員
取引先銀行 みずほ銀行 銀座通支店
三菱UFJ銀行 京橋支店
代表取締役社長 山田 康平
事業内容 国内・海外向け個人旅行、団体旅行、インセンティブ旅行の企画、手配及び販売
国内・海外客船会社のクルーズ商品販売
日本におけるクルーズ市場拡大のための啓蒙活動、
イベント企画等

HISTORY 沿革

1992年

10月 「プリンセス・クルーズ」、「P&Oクルーズ」、「アメリカン・ハワイ・クルーズ」3社の日本地区販売総代理店として創業。カリブ海、アラスカ、地中海クルーズ、世界一周クルーズ等販売。

1993年

極地旅行の先駆者、リンドブラッド氏が関わる「オリエント・ライン」と販売総代理店契約。 南極クルーズの販売開始。

1996年

「ラディソン・セブンシーズ・クルーズ」と契約。 カリブ海、地中海、北欧クルーズ等販売。

1998年

タヒチクルーズ専門のフランス船「ポール・ゴーギャン」と販売総代理店契約。

2000年

ドイツの客船会社「ハパグロイド・クルーズ」と販売総代理店契約。南極、北極を中心に極致クルーズを積極的に販売。

2005年

「キュナード・ライン」の日本地区販売総代理店となる。

2011年

プリンセス・クルーズが日本市場に参入のため、カーニバル・ジャパン創設。長年にわたってプリンセス・クルーズの日本地区販売総代理店をしていた関係で、社長以下社員16名全員がカーニバル・ジャパンに移籍。 木島榮子が社長となる。 日本市場初の外国客船による長期間の日本発着クルーズ運航に寄与。 移籍と同時にクルーズバケーションを休眠会社とする。 カーニバルグループの「プリンセス・クルーズ」と「キュナード・ライン」を除いた他の客船会社の販売代理店契約を解除。

2015年

12月  木島榮子カーニバル・ジャパン退社。

2016年

3月  クルーズ・バケーションを再開。観光庁認可の旅行業第一種を取得し、プリンセス・クルーズ、キュナード、ハパグロイド・クルーズを中心にクルーズ旅行の販売開始。外国客船、日本客船を問わずクルーズに関する豊富な知識を有するクルーズ・マスター資格保有社員4名を中心に個人のお客様、全国の旅行会社の皆様からの予約に対応。

2020年

10月  株式会社SPICE SERVEと経営統合。

2021年

1月  代表取締役社長CEOに山田康平が就任。現在に至る。

ACCESS アクセス情報

交通:JR「田町」駅より徒歩10分
新交通ゆりかもめ線 「芝浦ふ頭」駅から徒歩4分

【迷われた方は代表電話:03-6453-6681までお気軽にお問い合わせ下さい。】
株式会社クルーズバケーション
〒108-0022東京都港区海岸3-18-21 ブライトイースト芝浦1F

 

クルーズ検索 CRUISE SEARCH

CONTACT お申込み・お問合せ・資料請求

お電話でのお問い合わせ
03-6453-6681

10:00〜18:00 ( 土 / 日 / 祝 休業 )