MENUCLOSE
検討リスト 閲覧履歴
03-6453-6681 10:00〜17:00 ( 土 / 日 / 祝 休業 ) メールマガジン登録 資料請求・お問い合わせ
TRAVEL NOTES
クルーズ旅行記
ホーム - クルーズ旅行記 - クルーズエッセイ - セレブリティ・クルーズで会える “Le Puttie Chef” ル・プティシェフ

セレブリティ・クルーズで会える "Le Puttie Chef" ル・プティシェフ

2021.12.29
クルーズエッセイ

「New Luxey」

2020年に就航したセレブリティ・エッジ。そしてそれに続く、エィペックス、ビヨンド(2022就航予定)次世代に続く船と言われるこれらのエッジクラス船の就航で更に洗練に磨きがかかっている船会社セレブリティ・クルーズ。

エッジクラスのデビューを機に新ブランドコンセプト「New Luxey」を打ち出しプレミアムクラスの船ながらラグジャリーな体験を提供しています。

またエッジクラス以外の船に対しても総額$5億ドル(日本円にして約¥550億円)をかけ所属船を最先端の装いに進化させる「セレブリティ・レボリューション」を発表。その第一号として2019年春にセレブリティ・ミレニアムがエンジン交換を含む大改装を行い、機能面にプラスしおしゃれでスタイリッシュな船に生まれ変わりました。

その年の秋には日本周遊クルーズを行ないましたのでその変身を実際に目にした方もいらっしゃるかもしれませんね。ミレニアムに続いてサミット、イクノス、シルエットもレボリューションは行われていきます。

セレブな船?

自らをセレブと呼んでしまうセレブリティ・クルーズですがセレブばっかりが乗っているのかというとそうでもない。乗船しているお客様を拝見した際の私の印象は、ちょっとおしゃれ、くつろぎ感を大切にしている、社交好き、グルメ、といった印象で大人の船の雰囲気が上手に作りだされていています。

北米大陸のお客様が中心ですがヨーロッパを始め世界各国のお客様が乗っています。確かに乗客の印象は若いファミリー層というよりは年齢層高めのカップルや親子連れ、友人同士が多いのですが、全船にキッズルームやティーンセンターが完備されており夏休みや冬休みなど多い時は数百人の子供が乗船する事もあるそうです。

セレブリティと言えばやはり「美食」

ミシュラン3つ星レストランや、世界一予約の取れないレストランと呼ばれていたスペインの「エル・ブジ」など名立たる名店で腕をふるったシェフのコーネリアス・ギャラガーが料理を監修。またニューヨークのマンハッタンのアッパーイーストに旗艦店「ダニエル」を持つミシュランシェフのダニエル・ブルーがグローバルクリナリーアンバサダーとして参戦し、「Le Voyage by Daniel Boulud」を2022就航予定の最新船セレブリティ・ビヨンドに彼のレストランとしては初めて洋上にオープンする予定です。

スィート客室専用レストラン「ルミナ」や専用ラウンジ「ザ・リトリート」で提供されるスナックなども彼のたぐいまれな創作力を感じることができるようになります。

グローバルクリナリーアンバサダー ダニエル ブルー

趣向を凝らした上質な食は著名なクルーズ誌で数々の栄誉に輝いており、世界中のクルーズファンから高く評価されています。食事に合わせたワインを始めドリンク類も他の船を圧倒するセレクションと個性的なプログラムが展開されています。驚いたのはワインのブレンド講座がありお客様各自お好みのワインを作りだすことができます。そしてお客様自身の名前を入れたオリジナルラベルを貼ったワインが出来上がるのです。

テーブルに広がるプロジェクションマッピング 「ル・ プティシェフ」

多くのクルーズ船が持つスペシャリティーレストラン、フレンチ、イタリアン、ステーキハウス、和食、創作料理、地中海料理、インド料理、バラエティーに富んでいてお客様を飽きさせない船側の工夫が感じ取れます。セレブリティ・クルーズでも様々なレストランが用意されていますがその中でも私の一押しはテーブルの上で可愛らしいシェフが作りだす料理が楽しめる「ル・ プティシェフ」です。セレブリティ・ミレニアムで体験しました。

テーブルにプロジェクションマッピングで鮮やかなイラストを描き、可愛いらしいシェフ、ル・プティシェフを登場させます。そのシェフが、スープ、魚料理、肉料理、デザートなどを一品一品作りだします。そして乗客はル・プティシェフが作りだした料理と同じものを実際にいただく事ができるのです。

例えばプロジェクションマッピングでスープが作りだされますがその後レストランのライトがつくとウェイターが今テーブルで作っていたスープと同じものをテーブルにご用意するという形です。楽しい事この上ない、食事の間中、各テーブル歓声とスマートフォンのシャッター音がひっきりなしに鳴っています。

下にプロジェクションマッピングでステーキを作っている映像と実際テーブルに出されたステーキの写真を載せましたのでご覧いただければと思います。

私が乗船した時は一人のル・ プティシェフが4品を作りだすコースと彼の友達であるフランス、スペイン、イアリア、日本から集まったミニシェフが腕を競い合い勝者を選び出すストーリーの2パターンのメニューがありました。シェフたちは英語やフランス語をはじめ様々な言語を使っていますが言葉がわからなくても画像を見ているだけでストーリーは充分に理解できます。セレブリティの船に乗ったらぜひ試していただきたいお勧めのレストランです。

セレブリティではクルーズ中に3つまたは5つのレストランを楽しめるお得パッケージや、乗船日にはいつもよりちょっとお得に食事を楽しめたりとフレキシブルなサービスも提供しています。ビュッフェレストランの入り口などでウェイターがテーブルを出し、お客様に案内しています。是非覗いてみてお得なサービスをゲットしてください。

セレブリティ・クルーズの食については聞いていただきたい事がまだまだ沢山あるのですがそれはまた別の機会に書いていきたいと思います。

セレブリティ・ソルスティスの日本発着クルーズ

2022年の秋、2023年の春にはセレブリティ・ソルスティスが横浜発着クルーズを行う予定です。勿論ソルスティスでも「ル・ プティ シェフ」を楽しめます。外国船で日本の寄港地を廻る良さは船内は充分に外国の雰囲気ですが、寄港地では慣れ親しんだ自国の気軽さで過ごせることです。

紅葉の美しい時期、または桜が咲き始める春の景色を楽しみながら船内で充実のダイニングを楽しむクルーズを是非体験してください。

執筆者 | 前村 あけみ
学生時代、日本の旅行会社によりチャーター運航されたYAO HUA(耀華号)に姉にお金を借りて乗船しクルーズの楽しさを知りビックリ!世の中にはこんな楽しい世界があるという事を知る。その後、その船にスタッフとして乗船勤務した後、株式会社クルーズ・バケーションに入社。プリンセス・クルーズ、キュナード・ライン、リージェント・セブンシーズ・クルーズ、P&O クルーズ、オリエント・ライン等の多くの船会社の販売に携わる。 又プリンセス・クルーズのアラスカのシーズン中にはクルーズ・コーディネーターとして乗船。 14年勤務の後フリーランスとしてプリンセスクルーズ、キュナード・ライン、セレブリティ・クルーズ、ロイヤル・カリビアン・クルーズ、ノルウェージャン・クルーズ等日本に紹介されている多くの客船にコーディネーターとして乗船。
この記事が気に入ったら
「いいね!」
メルマガ登録はこちら
あなたに感動の船旅に、役立つ情報をお届けしております。
クルーズ検索 CRUISE SEARCH

CONTACT お申込み・お問合せ・資料請求

お電話でのお問い合わせ
03-6453-6681

10:00〜18:00 ( 土 / 日 / 祝 休業 )